管理組合をつくろう

マンション管理会社には種類があって価格が違います

マンション

マンションには多くの部屋がありますので、複数の人達が区分所有しながら暮らしています。それぞれの部屋は住んでいる人たちのものですが、それ以外の部分、廊下やエントランスや管理人室などは共用部分と呼ばれ、入居者全員の持ち分です。全員の持ち分ですから全員で管理するのは当たり前ですが、それぞれ生活がありますので、なかなか効率よくいかないこともあります。その問題を解決するために、管理業務はマンション管理会社に依頼するのがほとんどです。マンション管理会社にはいくつか種類があって、売主の不動産会社や建築主のゼネコンの子会社、ビルのメンテナンス専門の会社などに分けられ、それぞれ価格やサービスがすこしだけ違います。

いいマンション管理会社の選び方

マンション管理会社の選定は価格が安ければいいわけではなく、サービス内容と総合的に判断します。マンション管理は法律に基づいて行われなければいけませんので、その法律に熟知していることが必要です。入居者から集めた管理費に対して保証契約を結んでいるかも重要です。社員の人数に対して管理している物件が多すぎる会社も手が足りない事にもなりかねませんので要注意です。管理組合とのコミュニケーション、管理組合への適切な報告、管理組合からに希望の早期の実施、どれもいいマンション管理会社を判断する基準になります。